2012年6月~2013年1月までの間に+314922円に利益を出した

シストレ24の全てを公開!
シストレ24はシステムを選ぶだけ!誰でも出来るシステムトレードです。

2012年11月~2013年1月までの間に+438732円に利益を出した

独自システムトレード投資法を全て公開!
システムトレードなので誰でも再現出来ますよ。

 

3月20日 シストレ24 ストラテジー ThiedBrainFx AUD/JPYの運用中止!その理由とは

さーどぶれいん

先ほど、ですが…

ThiedBrainFx AUD/JPY

の運用を中止しました!

シストレ24で、総合的にNo.1!!

といってもいいストラテジー、ThiedBrainFx AUD/JPY

もちろん、シストレ24をしている者は大半が
採用しているストラテジーで、

今までの実績、プロフィットファクター、利益額
ともに申し分のない、ストラテジーです。

なぜ、NO.1ストラテジーを取引中止にしたのか?

そんなThiedBrainFx AUD/JPYをなぜ、運用中止にしたか?
というと…

より、安定して取引できる方法を思いついたから、です。

その方法とは…

実は、ここまでの記事の内容を読んでくださっていたら、
分かるかも知れませんが…

つまり、こういう事です。

ThiedBrainFx AUD/JPY

は、建て玉を4つ建てるストラテジーです。

で、4つ玉を建てるストラテジーは、利益になるにしろ、
損失になるにしろ、その幅が大きくなります。

ThiedBrainFx AUD/JPY

においても、その点については、何も変わりません。

建て玉を「1」に制限し、出てくる可能性とは

なら…

建て玉を「1」に制限して、
変わりに他の通貨ペアやストラテジーと組みあわせれば、
安定して利益がでるのでは?と思ってしまったのです。

ここまでの流れでストラテジーを入れ込んでいたら、
当然?そのような考えになります、よね?

という事で、ThiedBrainFx AUD/JPYは、現在建て玉が
建っている状態だったので、一旦決算して、

1つの建て玉に制限しなおして、やり直そう、と
思いました。

4つ建て玉を建てるのに、1つしか建て玉を建てなかったら、
想定の利益がでないのでは?と
考える人もいると思います。
ですが、今までの取引結果を見る限り、
ThiedBrainFx AUD/JPY はそれほど建てた玉によって
大きく、エントリーと決済を変える、という事は
見られませんでした。

なので、ある程度安心して、建て玉を「1」にし直す事が
出来ます。

で、一旦ThiedBrainFx AUD/JPY を決算して、
お別れ、です。

現在のストラテジーの組み合わせは…

ThiedBrainFx AUD/JPYが中止となって…

・Project221_3L EUR/GBP
・Quickshift EUR/JPY
・Quickshift AUD/USD
・Quickshift EUR/USD
・Quickshift EUR/GBP
・Quickshift USD/JPY
・PipRancher EUR/JPY

・PipRancher EUR/USD
・PipRancher EUR/CHF
・WaveRider GBP/JPY
・WaveRider EUR/USD
・WaveRider EUR/CAD
・WindChaser CAD/JPY
・WindChaser GBP/JPY


となったのでした。


2012年6月~2013年1月までの間に+314922円に利益を出した

シストレ24の全てを公開!
シストレ24はシステムを選ぶだけ!誰でも出来るシステムトレードです。

2012年11月~2013年1月までの間に+438732円に利益を出した

独自システムトレード投資法を全て公開!
システムトレードなので誰でも再現出来ますよ。

 

関連記事

  • 3月20日 シストレ24 ストラテジー WindChaser 2種類追加!新しいストレテジーを入れる理由とは
  • 3月20日 シストレ24 ストラテジー WaveRider 3種類追加!通貨ペア別に投資する理由とは
  • 3月20日 シストレ24 ストラテジー PipRancher 3種類追加! 一発型も組み入れる理由とは
  • 3月20日 シストレ24 ストラテジー Quickshift 4種類追加! 年間9500PIPS越え!
  • 3月20日 シストレ24 ストラテジー OnTheRiver EUR/JPY運用中止!名残惜しい別れ
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ