2012年6月~2013年1月までの間に+314922円に利益を出した

シストレ24の全てを公開!
シストレ24はシステムを選ぶだけ!誰でも出来るシステムトレードです。

2012年11月~2013年1月までの間に+438732円に利益を出した

独自システムトレード投資法を全て公開!
システムトレードなので誰でも再現出来ますよ。

 

MACD投資法補足説明 テクニカル分析 移動平均線の見方とは

グラフ

移動平均線…

FXをする人なら、誰でも聞いた事のあるテクニカルチャート、

移動平均線!

もし、知らない、という事なら、今から説明していくので、
しっかり覚えておきましょう。

システムトレードをするなら、必須のテクニカル分析です。

移動平均線の計算式

移動平均線の計算式はとても簡単。

移動平均線は、一定期間の為替の終値平均値を、毎日(足の種類によって変わります。1時間足なら1時間毎、月足なら1カ月毎となります。)

計算してグラフにしたものです。移動平均線はいろんな日数がありますが、一番メジャーな25日移動平均線の場合の計算式は…

直近の25日間の終値を合計し、25で割るとその日の移動平均値と
なります。

その後、順次前日までの合計値に新しい終値を加えると同時に、25日前の終値を除外して25で割ると移動平均線が出来上がります。

つまり、日数分で割った平均値が、移動平均線なのです。

移動平均線の使い方

移動平均線は25日線がよく使われます。なので、25日移動平均線
で説明すると、

25日分の為替の平均値なのですから、その平均より上にいけば、
その時の相場は強い、と言えますし、その平均より下にいけば
その相場は弱い、と判断出来ます。

より分かり易く、相場の強さを測る為に、日数の違う移動平均線を
2種類同時に表示させて、

日数の短い方が長い方を上に抜けて交わった時に
ゴールデンクロス、と呼び、買いのシグナル

日数の短い方が長い方を下に抜けて交わった時に
デッドクロス、と呼び、売りのシグナル

という使い方がメジャーです。
その際に使われるのが、25日線と75日線が多いので
覚えておくといいでしょう。


2012年6月~2013年1月までの間に+314922円に利益を出した

シストレ24の全てを公開!
シストレ24はシステムを選ぶだけ!誰でも出来るシステムトレードです。

2012年11月~2013年1月までの間に+438732円に利益を出した

独自システムトレード投資法を全て公開!
システムトレードなので誰でも再現出来ますよ。

 

関連記事

  • システムトレード MACD投資法とは
  • FXの取引方法 裁量取引とは
  • 2012年11月度スワップ成績表
  • 2012年12月度スワップ成績表
  • オリジナルシステムトレード金利投資法とは
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ