2012年6月~2013年1月までの間に+314922円に利益を出した

シストレ24の全てを公開!
シストレ24はシステムを選ぶだけ!誰でも出来るシステムトレードです。

2012年11月~2013年1月までの間に+438732円に利益を出した

独自システムトレード投資法を全て公開!
システムトレードなので誰でも再現出来ますよ。

 

シストレ24でストラテジー選びで失敗しない為に

ctr009a-s

シストレ24でする事といえば、口座にお金をいれて、
そのシステム(ストラテジー)を選んで、後は勝手にオートトレード
するだけ!

ですが、それだけに、ストラテジー選びは最も大事な事ですよね?

私の失敗を含めて、利益を出し続けてくれるストラテジー選びの
コツを紹介します。

コツその1

利益の大きいストラテジーを選ぼう

まずは利益の大きいストラテジーをピックアップします。
やっぱり、出来るだけ大きく稼げるストラテジーを
入れたいですから…。

コツその2

ドローダウンは小さいストラテジーを選ぼう

次に、ドローダウンをみてみます。
いくら大きい利益を出している、といっても、50万円が
一時的にしても、10万円になったりするのは
精神的にもとても継続するのは無理、ですよね…。
なので、しっかりドローダウンは見ておきましょう。

コツその3

含み損は見落としがち!しっかり確認!!

次に、含み損もしっかり見ておきましょう。
ドローダウンは取引結果、ですが、含み損は忘れがち、です。
建て玉を持っている時に、評価額とはいえ、大きな損をかかえた
ままだと、ちょっとしんどいですよね…。

それに、含み損がどれだけあるか、しっかり把握しておかないと、
実際に取引してみて、どれだけ含み損がでるの、コレ!聞いてないよ!!
みたいな事になりかねいので注意しましょう。
(私は手抜きして、何度かびっくりしました…)
含み損の見方はちょっと長くなるので、
こちらのページを見たらいいですよ。
含み損についての説明はこちらへ

コツその4

長期間稼いでいるストラテジーかどうか確認!

少なくても、3カ月、出来れば6カ月稼ぎ続けている
ストラテジーを選びましょう。
どうしても3か月以内のストラテジーを選びたい!
という時は、早晩、利益が出なくなる可能性のある事は、
覚悟して、使って下さいね。
(私はきっちり、この決まりを守らなくて損しましたよ…)

コツその5

利益曲線が右肩上がりのストラテジーを選ぼう

利益曲線がデコボコしているストラテジーより、キレイな右肩上がりの
利益曲線を描いているストラテジーの方が安定して利益をだしてくれる
可能性が高いです。
本当にキレイな利益曲線を描いているストラテジーはあまりありませんふが…。

コツその6

月あたりの取引回数の多いストラテジーを選ぼう

出来る限り、頻繁に取引できているストラテジーを選ぶと
利益が安定する傾向にあります。月1回の取り引きだったり
すると、その1回が損失だと、1カ月のマイナスが確定に…。

ですが、中、長期狙いで、成績のいいストラテジーもあるので、
この部分は「絶対頻繁に取引があるストラテジーがいい!」
という訳ではないので、気にしすぎないのも大事です。

シストレ24はストラテジー選びが一番楽しい

と、これだけの項目を見て、
しっかりとストラテジーを選んでいきましょう。
この、ストラテジーを選んでいる時が一番シストレ24をしていて
楽しい部分でもあります。


arrow_orange[1]シストレ24のストラテジーの含み損の見方と活用法とは


口座開設~シストレの方法まで分かり易くまとめました。
シストレ24スタートパックはこちらから
最初にするシステムトレードはシストレ24がお勧めです。


2012年6月~2013年1月までの間に+314922円に利益を出した

シストレ24の全てを公開!
シストレ24はシステムを選ぶだけ!誰でも出来るシステムトレードです。

2012年11月~2013年1月までの間に+438732円に利益を出した

独自システムトレード投資法を全て公開!
システムトレードなので誰でも再現出来ますよ。

 

関連記事

  • 最初にするシステムトレード シストレ24の勧め
  • シストレ24はこんなに凄い!他のシステムトレードとの違いとは
  • シストレ24攻略!最初のストラテジーの選び方
  • シストレ24攻略!建て玉を増やすのではなくストラテジーを増やそう!
  • 2012年7月度シストレ24成績表
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ