2012年6月~2013年1月までの間に+314922円に利益を出した

シストレ24の全てを公開!
シストレ24はシステムを選ぶだけ!誰でも出来るシステムトレードです。

2012年11月~2013年1月までの間に+438732円に利益を出した

独自システムトレード投資法を全て公開!
システムトレードなので誰でも再現出来ますよ。

 

トラップリピートイフダン取引 最適な値幅設定の検証とその結果 最適な値幅はこれだ!

トラリピ

一定の値幅で繰り返し取引を行っていくシステムトレード、
トラップリピートイフダン取引
(さわさわさん戦略とも呼ばれています。)

このシステムトレードで唯一、私達が設定できる項目があるんです。
それは、いったい何でしょうか?

答えは?というと…

それは

トラップリピートイフダン取引の要は値幅

「値幅!!」

です。設定する値幅によって、取引の結果が大きく変わって
変わってくるトラップリピートイフダン投資法!!

では、どのくらいの値幅が一番いいのか?考えていきましょう。

と、実は、以前にマネースクエアジャパンが1年かけて作ったデータ
を貰ったので、そこから抜粋しますね。

トラップリピートイフダン取引をする通貨は

「豪ドル・円」

の通貨ペアで決まり!

トラップリピートイフダン取引をする通貨は豪ドルで決まり!なので…

arrow_orange[1]何故、豪ドルに決まり?なのかはこちらのページへ

なので、豪ドルを例にして検証していきましょう。

データは2009年1月1日~12月31日まで、です。
1取引当たり、通貨は1千通貨使用した、とします。

50銭・1円・2円幅で見ていきます。

項目の説明です

・値幅…トラップを仕掛ける値幅です。

・取引回数…2009年1月1日~2009年12月31日までの取引回数です。

・1回分利益…1回決済されるあたりの利益額です。

・総利益…2009年1月1日~2009年12月31日までの総利益です。

・1円毎利益率…1円で取引した時の利益を1として、同じリスクでの
   玉数にした際の利益率です。したがって、値幅1円は
   必然的に「1」となります。(小数点第3は四捨五入)

値幅 取引回数 1回分利益 総利益 1円毎利益率
50銭 482 500 241000 0.85
1円 142 1000 142000
2円 44 2000 88000 1.24

なので、豪ドルに限っていえば、最大1.2倍程。
以外にも、値幅を大きくした方が利益は大きくなります。
これは、他の通貨ペアでも一緒です。

2円にすると、さすがに年間取引44回…
ちょっと利益に大きくムラが出そう、という気がして、
私は分かりやすくて、そこそこ取引もしてくれて、
利益率もそこそこ、の
1円幅で取引していました。 

でも、この状態で満足していた訳ではありませんでした。
もう少し、利益を増やす事が出来るのでは?
と考えていたのです。 


arrow_orange[1]トラップリピートイフダンの利益率を上げる方法とは


続きます。


2012年6月~2013年1月までの間に+314922円に利益を出した

シストレ24の全てを公開!
シストレ24はシステムを選ぶだけ!誰でも出来るシステムトレードです。

2012年11月~2013年1月までの間に+438732円に利益を出した

独自システムトレード投資法を全て公開!
システムトレードなので誰でも再現出来ますよ。

 

関連記事

  • トラップリピートイフダンってどんな取引方法?
  • トラップリピートイフダンでの資金管理法とは
  • 2012年12月度トラップリピートイフダンとその他独自取引成績表
  • トラップリピートイフダン取引で扱う通貨はどれがいいか?
  • 2点チャージ補足説明 移動平均乖離率ってどんな指標?
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ